中国足心道反射区施術、足裏、足つぼ、ふくらはぎ、リフレクソロジー、足のもみほぐし、冷え、むくみ、しびれ、便秘、不妊、生理痛、不眠、腰痛、肩こり、前立腺、副交感神経、お二人一緒に施術、男性歓迎、札幌、北広島、江別、恵庭、千歳出張、無料送迎、三井アウトレット札幌、コストコ札幌、

中国足心道

足心道とは

足心道は反射区リフレクソロジー施術

足心道の歴史

意外に思われるかもしれませんが、今から約4.500年前の
カイロに保存されている絵文字には足揉みの様子が
描かれています。
早稲田出版直江敏男著「足揉みで病気が治せる」より

ところで、足心道とは、今から約2000年前に中国大陸で
誕生した「足は人間の身体の中心である」という理論に基づいた
手技治療法です。

それ以前にも中国大陸には「観趾法(かんしほう)」と称して
趾(足の指先)を観て(観察して)その人の身体の弱っている所を
見分けるという方法が民衆の間で行われていました。
早稲田出版直江敏男著「足揉みで病気が治せる」より

この、“民間療法”としての「観趾法」を中国の歴史上、
最良の名医として語リ継がれている「華陀(かだ)」という
漢方医によって、学問として体系化され「足心道」と
名づけられたのです。

その後、今から98年前の1913年、米国の耳鼻科医
ウィリアム.フィッツジェラルド医師が、この足心道をヒントに

全ての人間の神経は足とつながっていることを証明し、
「足の反射区療法」という名称で世界に発表したのです。

この時、世界の13ケ国がこの療法を医療としていち早く採リ入れ、
現在では実に47ケ国がこの療法を実践しています。

日本では、中国足心道療術学院学院長直江敏男氏が
中国足心道」というブランドで、この療法の普及発展に
務めています。商標権登録認可番号第4181050号

現在1300人以上がこの治療法を習得し、全国で治療に携わって
います。
戻る
ホームページの内容の無断転載を固く禁じます、使用したい方はご連絡ください。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional