中国足心道反射区施術、足裏、足つぼ、ふくらはぎ、リフレクソロジー、足のもみほぐし、冷え、むくみ、しびれ、便秘、不妊、生理痛、不眠、腰痛、肩こり、前立腺、副交感神経、お二人一緒に施術、男性歓迎、札幌、北広島、江別、恵庭、千歳出張、無料送迎、三井アウトレット札幌、コストコ札幌、

むくみ

むくみ(浮腫)・・・水分を控えるのは血液の粘度を高めるので厳禁です

 むくみとは、医学的には浮腫(ふしゅ)と呼びますが、
血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、
手足、顔などの皮膚の下に溜まった状態のことをいいます。

 足のむくみの原因は、長時間の立ち仕事や、ディスクワークなど、
全身の血行が悪くなることでも起こります。

また、生活環境(運動不足や睡眠不足、エアコンなどの冷え、ストレス)
などや足を締め付けるような靴や極端にヒールの高い靴なども
足のむくみの原因となります。

 その要因は足は心臓から遠いため、足に行った血液は、
ふくらはぎの筋肉がポンプ的な役割を担っていて、
それが重力に逆らって足の血液を心臓に戻すことを手伝っています。

しかし、足の筋肉の疲労などにより、時間が経つにつれて
ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たさなくなり、
血流が悪くなりむくみや痛みを生じさせます。

 一旦むくんでしまうと、細胞への養分の取り入れや、
老廃物の排出も上手くいかなくなるので、更にむくみ
悪化しやすくなります。

むくみは慢性化しやすいので気をつける必要があります。

 ふくらはぎと向うずねを5秒くらい指で押して
へこんだ跡がしばらくそのまま残るようなら、
むくみが起こっていると見ていいでしょう。

 中国足心道は循環原理で足をもんで血液やリンパの循環を改善し、
水分の排出をスムーズにします。

反射区施術による刺激はむくみ解消に効果的です。
施術前と施術後の違いを目で確認していただけます。

 むくみは病的原因(心臓・腎臓・肝臓・甲状腺の異常、
血管・リンパ系の循環障害、悪性腫瘍など)もあり、

病的な場合は放置しないで専門医の適切な治療が必要です。

戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional